乾燥肌 季節の変わり目

乾燥肌と季節の変わり目の関係

季節の変わり目は肌が荒れやすいものです。特に乾燥肌の人は乾燥がひどくなったり、炎症を起こしたりさまざまなトラブルを抱えるようになってしまいます。普段よりお肌が敏感になるこの時期に、肌荒れが起こったとしても急なことに焦ることはなく、自分の肌を上手にケアしていきたいものです。

 

では、具体的にどんな方法があるのでしょうか。敏感になっているこの時期は些細なことで荒れる原因となってしまったり、合わないものを使っているとさらなる悪化を招いてしまって、良くない傾向になってしまいます。毎日のことですので、きちんとしたケアをおこないたいものです。自分に合っているものを使って、上手に肌のトラブルと付き合っていったり、トラブル自体をなくしていきたいものですね。

 

化粧水でしっかり保湿する

 

乾燥肌の人が季節の変わり目に肌荒れを起こすのは、季節の変化のときに、気温が上下しながら外気の環境が変わり肌の水分のバランスが変わることによって乾燥が悪化することがあります。

 

もちろん室内にいても暖房やエアコンの影響を受けることになります。この場合乾燥が悪化して肌荒れを起こしているので、まず保湿することが肝心です。

 

単純に水分が足りない場合は、化粧水を普段より多めに使うことで水分量が保たれていきます。安易に乳液の量を増やしすぎてしまうと、余分な皮脂が出ることによって、乾燥しているからできる大人ニキビになってしまい、別の肌荒れを起こしてしまうきっかけとなるからです。

 

明らかに乾燥していることが分かっているとき化粧水は、脂性肌混合肌用の化粧水ではなく、乾燥肌用や潤いを重視した化粧水に変えていきます。専用の化粧水を使うことで随分と変わることもあります。

 

パック、エステに効果はある?

 

自分の肌にどの化粧水が合ってるかわかったのなら、集中的に保湿する方法にパックがあります。ある程度集中的にパックすると、乾燥が治って潤いが戻ることがあります。

 

この場合、化粧水パックがおすすめです。コットンに化粧水を十分に含ませた後、肌に一定期間貼っておくだけですので、簡単でコストもかかることがありません。化粧水もコットンも普段使っているものを利用できます。また、どの化粧品が自分に合っているか分からない場合は、エステなどに行くのもおすすめです。自分の肌質をプロに診てもらうのも一つの方法です。

 

乾燥しているならもちろん保湿をしてもらえますし、エステではその時の自分の肌に合ったもの選んだものを必ず使っているので、参考にしながら化粧品を使うことでトラブルから回避できるようになります。季節の変わり目はいかに自分に合っているものを見つけて使っていくかということが大切になります。

 

安易に化粧品は変えないほうがいいことも

 

自分の肌のコンディションが悪い時すぐに化粧品を変えてしまう人もいますが、自分の肌の状態がわからないときは新たに使う化粧品も合わないことがありますので、安易に化粧品は変えないことをお勧めします。

 

どうしても合わないようなら、敏感肌用の化粧品を使っていきます。季節の変わり目は特に肌が敏感になっており何を使っても荒れてしまうことがあり、敏感肌用でしたら乾燥肌の人も使用することが可能です。いかに刺激をさせないで肌荒れをさせないか、ということが肝心ですので、変化させないことで無駄な肌荒れを防ぐことができます。

 

季節の変わり目に何かしら原因でいつもの乾燥肌が悪化したり肌荒れを起こすこともありますが、環境が落ち着いてくるといつもの自分の肌に戻ってくることもあります。あまりに焦りすぎでいつも使わないものを大量に使ったりすると、それがさらなる悪化の原因となりますので、注意が必要になってきます。