シミ アンチエイジング

シミに対してのアンチエイジング対策

30代以降になると顔のシミが増えてくることが多いですね。特に子供のころからそばかすがある等、色白でお肌の弱い敏感肌の方はシミが速くでてきます。

 

ファンデーション、コンシーラーでも隠れないような濃いシミができると外出するのも、鏡を見るのも本当に憂鬱ですよね。そんな厄介なシミに対してのアンチエイジングは早めに行いましょう。

 

シミができるメカニズム

 

紫外線を浴びると、表皮細胞内の活性酸素がメラノサイトへメラニン色素生成の指令を出し、メラニン色素が生成開始。そしてメラノサイト内にて酵素のチロシナーゼがチロシンを酸化。メラニン色素が生成されます。
シミはメラニン色素の過剰生成による沈着で発生してしまう為、この仕組みが繰り返されないように紫外線対策を怠らないのが美しい女性です。

 

シミの種類も知って効果的に予防

 

シミにも種類があり、出来てしまった部位やそれぞれの形で治療法は異なりますが、代表的なのが老人性色素斑。紫外線が原因で発生してしまうシミです。特に紫外線ダメージを受けやすい頬骨の高い部位がイメージしやすいかと思います。

 

30〜40代女性のホルモンバランスの乱れによって生じるとされる肝斑。頬骨や鼻の下、額に左右対称で生じることが有名なシミです。小さな斑点が鼻から顔全体に散らばったように出来るのがソバカス。先天性のものであり、幼少期から見られ、成長と共に増減します。

 

頬、額、目の付近に先天的に存在する茶褐色、青色の痣が遅発性両側性太田母斑。成長と共に突然生じることもあり、通院・治療を経て消すことが可能になります。突起状のイボのように盛り上がったシミは脂漏性角化症。シミが角化し隆起したものです。上記以外にも多くの種類があります。

 

美容のためのアンチエイジング

 

アンチエイジングとは老化防止。活性酸素を抑える働きのある抗酸化作用物質を取り入れている方も多いと思われます。体が酸化し錆付いてしまうのは生活習慣病の基にもなり、嫌ですよね。そもそも活性酸素はなぜできてしまうのでしょうか。

 

人間は、酸素を体内に吸収し生命維持に必要なエネルギーを生成します。その際に一部が最近を排除する役割である活性酸素となりますが、過剰に増加すれば細胞を傷つけ臓器・骨・皮膚へ悪影響を及ぼし、生活習慣病や動脈硬化を招いてしまうんですね。

 

簡単な予防としては紫外線に注意すること。喫煙・受動喫煙を避けること。食品添加物は極力摂取しないこと。十分な睡眠の摂取。適度な運動。バランスの摂れた食事。食事の中でも抗酸化作用が期待できる食品はビタミン・ミネラル・ポリフェノールの配合物。体の中から酸化を抑制を試みましょう。

 

抗酸化ビタミンはビタミンA・ビタミンC・ビタミンEがあり、ビタミンAはきゃべつ・にんじん・小松菜等、ビタミンCはレモン・赤ピーマン・ゴーヤ、ビタミンEはかぼちゃ・あゆ・いわし等、抗酸化ミネラルは亜鉛・セレン。亜鉛は牛肉・豚肉・納豆、セレンはまぐろ・かに・たらこ等、ポリフェノールはイソフラボン・カテキンなどですが、ココア・大豆・緑茶等に含まれています。

 

体を錆付かせない方法は規則正しい生活から。健康第一で毎日を過ごすように心がけましょう。

 

シミ対策でも保湿は重要

 

シミのアンチエイジングで忘れてはいけないのが保湿ケア。保湿されているお肌は紫外線のダメージにも強く、回復力もあるのでシミを効果的に予防してくれます。保湿力のある化粧品でしっかりと保湿対策を行いましょう。

 

⇒ 保湿力の高い温泉水を使ったオールインワンゲル