引き寄せの法則で吃音症が治った話

潜在意識・引き寄せの法則

小学生の時から吃音症だった。いわゆるドモリというやつです。

言いたいことがあっても発したい言葉が出てこなくて、人前で話したくなかったから友達も少なかったし、いつもオドオドしてたと思う。社会人になってからも、全然治ってくれなくて、毎日が不安だった。

不安に関しても、パニック発作や不安症に近いものだったと思う。本当に辛かった。

そんな時に知ったのが引き寄せの法則だった。

吃音症を治すのにうまく話せる自分をイメージするのはいいとか、前に通ってた心療内科では、寝ながらできる方法とか、体の力を抜いた状態で難なく話せる状態の自分を思い浮かべるなどの治療法をしてた。

思い浮かべるとかいうのは、引き寄せの法則に近いけど、潜在意識にまですり込めって感じでもなくて担当医があまり上手ではなかったのかもしれないが、効果が出ずに止めていたんだ。

引き寄せの法則を知った俺がやったのは、信じること。

思考は現実になる!と毎日強く念じた。言葉が思い通りに出ないのは自分でそう思ってるだけだと。

そんなの自分の思い込みだ!本当はベラベラに話せているんだってずっと念じる。

引き寄せの法則の本にはいろいろ書いてあったが、この念じるってのだけをやった。

1ヶ月たたないくらいで、人と話すときにガチガチに緊張してたのが、ちょっと楽になった気がした。

それを実感した途端に、急に話せるようになった。なんか解放された気分だった。

世界は俺に優しい!って感じがしたw 引き寄せの法則はガチで効果ある!

死ぬような病気じゃないけど、本当に毎日が針の筵だった。知っている人と出会うのも怖いし、家から一歩出ると近所の人にも出会えば挨拶しないといけない。

頭を下げるだけという挨拶は感じが悪いだろうと思ったり、でも声は出せない…。そんな風に思ってた。

もちろん、人と普通に会話できないから友達が少ないだけでなく、彼女なんてできるはずなかったし、こんなんじゃ将来は結婚も無理だと思ってた。

普通に話せるようになっただけなんだけど、本当に世界が明るくなったんだ。

体の病気にも効果はあるだろうけど、心理的な部分が多い症状なら引き寄せの法則は即効だと思う。ぜひ、みんなにも試してもらいたい!