金運アップするには?【運勢・運気を上げる方法】

金運

「金運をアップさせたい」

「どうしたらいいか分からない」

占いや風水で自宅の配置を変えるという方法もありますが、お金の一番身近にある財布をお金に好かれるように変えてみるのもおすすめの方法です。

お金を常に保管してある財布は大切な金運アップに大きく関係しているとされています。



財布の色を変更する

お金を呼んでくれる色として、金色や黄色などが挙げられます。dr.コパの風水でも流行りましたよね。ただ金色ですと、過敏に反応しすぎてしまって、余計にお金の出入りが激しくなってしまうこともあります。

その場合、少し色をおさえたクリーム色やくすんだ黄色などもおすすめです。黄色系の色はお金の運を引き寄せると言われています。金色は少し抵抗があっても、黄色くらいでしたら男女ともに簡単に持つことができそうな色です。

財布の形を変える

お財布の種類には長財布、二つ折り財布、小銭入れなどありますが、金運アップさせたいなら、長財布がおすすめです。

長財布はその大きさが大きいことから、お金自身が窮屈をしなくてすみますし、のびのびと過ごせるようになります。窮屈な思いをしなくなることがよいのです。

また長財布はお札を伸ばしたまま入れることができますので、お札もきれいな状態で保管することができます。

もし小銭入れにお札を入れるなら、お札は細かくおられてしまい、お札自身も窮屈そうですし、新しいお札も入ってきにくい環境です。ですから、お札にとっても環境がよい、長財布はおすすめになっています。

財布の中を整理する

お金も汚くて狭い場所にいると、なかなか居心地が悪いです。使わないポイントカード、複数のレシート、普段行かない病院の診察券など、今必要なものでないものも財布の中に入っていることがあります。

これらのものは今は不要ですので、破棄したり、自宅で保管することで、新しくお金が入るスペースが広がっていきます。

お札も顔の向きに合わせて丁寧に並べて置いたり、小銭入れは満杯になりすぎないように適度に使ったりなど、お財布を普段からよく整理しておくことが良いです。新しいお金が入ってきやすい環境をつくることで、金運があがることがあります。

財布を大切に扱うことも大事

普段を財布を持ち歩いていると、ついつい乱雑に扱ってしまって、傷つけたりよごれてしまうきっかけを作ってしまうことがあります。

どこかの棚の上にパッと置いておいて放置してあることも、よくあることです。これは今あるお金にとってもよくなく、新しいお金にとってもよくないことです。

財布は汚れたら拭いてみたり、小銭が増えすぎて財布の形が変わってしまう前に少し抜いてみるなどして、定期的によくみてメンテナンスする方が、財布の状態を良く保てることになります。

あまりにも古くなってしまったり、傷んでいる場合はうまく補修できないこともあり、新しい財布を新調したほうが良いこともあります。新しい財布は一から大切にできますので、傷つくのが防げます。

金運を上げるためには、お金が保管されている場所をきれいな状態や丁寧に扱うことで、お金を呼び起こしやすい状態に近づくことがあります。